男の頭髪を守るヘアケアアイテム、ハゲを予防しましょう!

0
     こんにちは、健康マニアのケンです。

     今回は男性の頭髪を守るヘアケアアイテムについてお話しします。

     男性にとっては、何歳になっても頭髪は守りたいですよね。つまり、ハゲたくはないですよね。

     白髪は染めれば何とかなりますが、薄毛・ハゲはカツラをかぶらない限り、見た目的には損をしますよね。中年になってもフサフサまでいかなくても、そこそこの頭髪量は維持したいものです。



     私自身、おかげさまで頭髪量は維持しており、ハゲてはいません。ありがたいことです。

     遺伝的な要素はあるにしても、頭髪を維持するにはある程度の努力は必要です。

     私が長年実践してきた頭髪を守る「4つのアイテム」を紹介します。

     「4つのアイテム」とは、「ハーブエッセンス」「シャンプー」「育毛剤」「頭髪に良いサプリメント」になります。

     それでは、順番に紹介していきます。

     まず、一つ目の「「ハーブエッセンス」ですが、シャンプー前に使うテクノエイトのロングセラー、「ハーブエッセンス」について紹介します。


     



     「ハーブエッセンス」は11種類のハーブエキスが凝縮されたマイナスイオンの電解水で、これ1つで保湿、洗浄、除菌、消臭ができるすぐれものです。

     これをどこで知ったかというと行きつけの美容院です。髪に良いということで薦められました。

     スタイリング剤に含まれる「シリコン成分」や、髪や頭皮に付着した「カラーやパーマの薬剤」、頭皮の「過酸化脂質」などを普段のシャンプーで落とす事は至難の業。

     「ハーブエッセンス」はこれらを髪や頭皮にやさしく、しかも簡単に取り除いて、美しい髪と健やかな頭皮を保ちます。

     使い方としては、シャンプーの前にシャワーで髪を濡らした後、「ハーブエッセンス」を10倍に希釈したものを、添付されているスプレーボトルで髪に吹き付け、頭皮を軽くマッサージしてからシャンプーに入ります。

     二つ目の「シャンプー」ですが、これについてはあまりにも種類が多すぎ、選択に迷いますよね。



     ネットでは多種多様の「シャンプー」が紹介されており、必ず人気ランキングを付けて紹介されています。中には、「シャンプー解析サイト」なるものも存在し、シャンプーの成分が一つひとつ解析されており、ネットでランキングの高い「シャンプー」でも低評価しています。

     このサイトで低評価されたシャンプーメーカーにとっては営業妨害になりますよね。クレームが来ないのか、心配になりますね。

     私自身は、シャンプー解析サイトの情報をそのまま信じてしまうと危険だと思っています。

     やはり長年愛用して、副作用の出ない自分に合った「シャンプー」を信用するしかないと思っております。

     私の場合は、「シャンプー」を選択する上で「海藻成分」にこだわりました。

     日本で古くから髪に良いとされてきた、海藻成分。海藻に含まれる成分は、髪の芯まですこやかな弾力を与え、弱った髪をしなやかな状態に導きます。そしてその海藻のもつパワーは、年齢と共にハリ・コシを失った髪のためのヘアケア製品や、育毛剤の配合成分としても高い注目を浴びています。

     私が長年愛用しているのが、「バイロン カイソシャンプークリーム」です。

    バイロン カイソシャンプークリーム 260g


     使われている海藻は、北欧の海で採れる海藻(原産国デンマーク)アイリッシュモスと言われています。

     他の海藻類より効果が優れています。その秘密は、保水性が高く空気中の水分を吸収する特徴をいかし、毛髪の乾燥を防ぎ、枝毛・切れ毛を抑えます。

     クリームのようなきめ細かい泡立ちで、シャンプー時の摩擦を防ぎ、毛穴、頭皮の汚れをすっきりおとし、毛髪と頭皮に必要な10種類の植物、(ホホバ油・アルニカエキス・オドリコソウエキス・オランダカラシエキス・ゴボウエキス・セイヨウキズタエキス・ニンニクエキス・マツエキス・ローズマリーエキス・ローマカミツレエキス)をバランス良く配合したシャンプークリームです。

     同じメーカーの「バイロン カイソトリートメントリンス」とセットで使っています。

    バイロン カイソトリートメントリンス 260g


     三つ目の「育毛剤」ですが、これが重要になってきますね。

     シャンプー後に必ず使わなければならない「育毛剤」ですが、これも「シャンプー」と同じで、ネットでは多種多様の「育毛剤」が紹介されています。



     基本的には、ハゲを回復させるのではなく、ハゲを予防するのが目的なので、コスパが非常に重要になります。

     ミノキシジルが配合された高価なものではなく、継続的に使用出来て、経済的に負担が少ない商品がターゲットになります。

     私自身、あまり有名ではありませんが、通信販売でリケンの「薬用クロキノールZ」という育毛剤を愛用して来ましたが、売れ行きが悪いのか、最近生産中止になりました。

     この育毛剤も私にとってはそれなりに効果があったのですが、生産中止になったことにより他の商品を探さざるを得ないことになってしまいました。

     そこで最終的に選択したのがネットでも評判が良く、売れ行き抜群の「スカルプD 薬用育毛トニック」です。

    [医薬部外品] アンファー (ANGFA) スカルプD 薬用育毛トニック 180ml


     本商品は育毛トニックで、頭皮の血行改善・促進に有効な2つの成分である酢酸-DL-α‐トコフェロール・タマサキツヅラフジアルカロイドを配合。さらに、フケやかゆみを抑える有効成分グリチルリチン酸2Kを配合。

     また、特許取得ノズルを採用し、従来の液ダレするノズルから液剤が頭皮に留まり、毛穴に有効成分が浸透。波動ジェット噴射で有効成分を頭皮にとどけ、発毛を促進します。

     スカルプDオリジナルの『豆乳発酵液』を増量し、健やかな頭皮環境に導きます。

     使用して2ヶ月ぐらいになりますが、使用感は以前使っていた「薬用クロキノールZ」を上回ります。

     何よりも使用後の頭皮の爽快感がたまりません。とても気持ちがいいですね。

     この商品を使用し始めて、髪の毛にボリュームが出て、髪の毛のコシも出て、髪の毛が元気になりましたね。

     朝の髪型がバッチリ決まりますね。

     さて、最後の「頭髪に良いサプリメント」ですが、大塚製薬の「ネイチャーメイド 大豆イソフラボン」です。

    大塚製薬 ネイチャーメイド 大豆イソフラボン 60粒


     薄毛が進行するメカニズムとして、体内の男性ホルモン(テストステロン)が毛乳頭にある5αリダクターゼと結びつくとジヒドロテストステロン(DHT)というより強力な男性ホルモンに変化し、髪が作られる毛母細胞の働きを鈍らせ、髪が細くなったり、ヘアサイクルが乱れて抜け毛などにもつながってしまうと言われています。

     大豆イソフラボンの構造は、女性ホルモンの1つ「エストロゲン」と類似しています。そしてテストステロンと5αリダクターゼが結合するのを抑制する働きがあり、抜け毛の大敵であるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑えることができるのです。

     私自身、前立腺肥大症の予防の為に大豆イソフラボンを摂取していたのですが、薄毛予防にも効果があり、正に一石二鳥ですね。

     「ネイチャーメイド 大豆イソフラボン」は分子量が小さく、吸収性の高いアグリコン型イソフラボンを1粒当たり23.6mg含んでいますので、1日1粒の摂取で効果を発揮します。

     経済的にも利便性にも優れていますね。

     いかがでしたでしょうか。以上が私が実践しているハゲの予防対策です。

     皆さんの参考になれば幸いです。



    ⇩人気ブログランキング⇩
    にほんブログ村 美容ブログ 男のアンチエイジングへ
    にほんブログ村


    ★☆★☆★☆★☆★☆★



    ★☆★☆★☆★☆★☆★

    メール

    ♪おすすめ♪

    にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ
    にほんブログ村

    ▼記事一覧▼

    ▼カテゴリー▼

    ▼ブログ内検索▼

    ▼リンク集▼

    ▼calendar▼

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    ▼Profile▼

    書いた記事数:19 最後に更新した日:2019/06/20

    ▼archives▼

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM