★☆★☆★☆★☆★☆★

出勤前の朝食は血糖値を上げない低GI食品がおすすめ

0
     こんにちは、健康マニアのケンです。

     サラリーマンにとって、出勤前の朝食というのはメニューに悩みますよね。特にいつもギリギリまで寝ている人等、朝は忙しくて食べる時間がないという人も多いと思います。

     しかし、朝食は抜かないほうがいいですよ。



     朝食を食べない人は夕食の時間が不規則で、その内容も偏りがち。朝食を抜くと疲れやすい、太りやすい、集中力が続かないなどといったことが指摘され、更には生活習慣病の引き金のひとつになるとも言われています。

     また、朝は「排泄の時間」と言われており、朝食を摂ることで、胃や腸が刺激され、排泄を促すことができます。以前から何度もコメントしていますように「腸をキレイ」にするためには朝食は必須なのです。

     私も数年前までは、フルーツグラノーラに牛乳をかけて朝食にしていました。確かに美味しいのですが、欠点は冬場ですね。牛乳が冷たくて、食べられたものではありません。

     それでは、ホットミルクをグラノーラにかけてみると今度は不味くて食べられません。

     私自身、ここ数年、諸般の事情で牛乳は摂取していません。その代わりとして、以前もコメントしましたように水分摂取として朝はホットの「ルイボスティー」を愛飲しています。もちろん1年中です。

     問題は、朝食の主食として何を選択するかということですね。

     朝ははっきり言って、食欲がなく、忙しいですよね。素早く食べれて、飽きが来ないものはないかと、色々、試行錯誤しました。

     そこで最終的に選択したのが、低GI食品の代表ともいえる大塚製薬の「ソイジョイ」です。



     「ソイジョイ」は、大塚製薬が販売している大豆粉を使用した固形状の栄養食品で、栄養豊富な大豆をまるごと使用し、素材の味わいを大切に焼きあげた低GI食品です。

     ところで「GI」とは何のことでしょうか。

     「GI」は、Glycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、食後血糖値の上昇度を示す指標のことです。
     「GI」は食べ物の血糖値の上がりやすさを指標としたもので、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示します。

     食品ごとにGI値が設けられており、高GI食品を食べると糖質の吸収が急激になり、身体に負担がかかります。反対に低GI食品は糖質の吸収が穏やかになり、食後の血糖値を急激に上げないようにコントロールします。

     GI値の目安として、一般的にGI値が70以上を高GI食品、56〜69が中GI食品、55以下が低GI食品として分類することができます。

     もちろん、「ソイジョイ」のような大豆焼き菓子もGI値が55以下の低GI食品に分類されます。

     「高GI食品」の例 白米81・食パン91・うどん85・おもち80・じゃがいも90・にんじん80・ドーナツ86・ポップコーン85・ショートケーキ80・ホットケーキ80

     「低GI食品」の例 玄米55・そば54・シリアル45・春雨26・さつまいも55・ほうれんそう15・レタス23・オレンジ31・りんご39・牛乳25・チーズ35・大豆(水煮)30

     「ソイジョイ」は栄養豊富な大豆を丸ごと使用しており、良質な植物性タンパク質や大豆イソフラボンを効率よく摂取できるのに加え、低GI食品でしかも美味しいです。糖質をコントロールしながらダイエットをしている人にもぴったりな食品です。

     「ソイジョイ」は現在、オリジナルタイプ8種類とクリスピータイプ4種類の合計12種類があるのですが、この中のどれを朝食の主食にするか大いに悩みました。 

     オリジナルタイプは、しっとりした食感で噛みごたえがあり、仕事をしながら片手で食べてもこぼれにくいのが特徴です。対してクリスピータイプは大豆パフ入りでサクサクと軽い食感が特徴です。

     しばらくは何種類か試食してみたのですが、最終的に1種類に絞りました。それが「ソイジョイ」のピーナッツです。

    大塚製薬 ソイジョイ ピーナッツ 30g

     「ソイジョイ」のピーナッツは、甘さがくどくなく、ピーナツと大豆の香ばしさの組み合わせが地味に美味しいです。噛みごたえがあり、ゆっくり食べるとお腹にたまります。私にとっては飽きない味ですね。

    【原材料名】
     大豆粉(遺伝子組換えでない)、ピーナッツ、アガベシロップ、食用植物油脂、難消化性デキストリン、卵、脱脂粉乳、アーモンド、食塩、香料

    【栄養成分表示】(30g)当たり
     エネルギー 144kcal / タンパク質 6.5g / 脂質 9.5g / 糖質 6.7g / 食物繊維 4.1g / ナトリウム 35〜77mg / 大豆イソフラボン 15mg

     成分表示の糖質 6.7g から糖質量の少ないことが分かります。下表のお菓子や菓子パンと比較すれば一目瞭然ですね。糖質 6.7gは「ソイジョイ」の中でもホワイトマカダミアに次ぐ低い数値です。



     また、原材料の「難消化性デキストリン」は水溶性の食物繊維の一種で、整腸作用・食後血糖値の上昇抑制作用・ 食後中性脂肪の上昇抑制作用が認められています。

     私の場合、出勤前の朝食は「ソイジョイ」のピーナッツ1個とホットの「ルイボスティー」が中心で、補助食品として各種サプリメントを摂取しています。ここ数年継続しています。

     それと、朝食に「ソイジョイ」のような低GI食品をお薦めする理由の中に、「セカンドミール効果」というものがあり、朝食で糖質が少なく食物繊維が豊富なメニューを選ぶと、食後高血糖が抑えられるだけでなく、昼食後でも血糖値を抑える効果があるという理論です。

     私自身、朝食の量は少ない方ですので、昼食はしっかり摂ります。「ソイジョイ」のような大豆焼き菓子が摂取直後だけでなく、次の食事(昼食)の後の血糖値も低減させるとなると、糖質をコントロールしながらダイエットをしている人にとっても最適な食品になりますね。

     「ソイジョイ」のような大豆焼き菓子は血糖値を、第1食、第2食とも穏やかにしますし、消化・吸収もゆるやかになるために、満腹感の持続にも大きな役割を果たしています。

     血糖値や食生活が気になる方は、朝食・間食に低GI食品の「ソイジョイ」をお薦めします。皆さんも是非お試し下さい。



    ⇩人気ブログランキング⇩
    にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ
    にほんブログ村

    JUGEMテーマ:健康を維持する



    ★☆★☆★☆★☆★☆★


    超おすすめ!純ココアの強力な便秘改善効果に注目

    0
       こんにちは、健康マニアのケンです。

       「万病一元論」を信奉する者として、今回も前回に引き続き「腸内環境」を整えるお話をしたいと思います。

       前回もお話ししたように、唯一の病気の原因は「腸の汚れ」であるという考え方から言えば、「便秘」は最悪の状態であり、早急に改善させなければなりません。

       便秘解消効果の高い健康茶・ルイボスティーに追加して、更なる強力な食品である「純ココア」についてお話しします。



       まず、ココアには「純ココア」と「調整ココア」の2種類があります。

       「純ココア」とはカカオ豆100%で作られているココアパウダーのことで、カカオ豆の種皮や胚芽を取り除き、すりつぶしてできるカカオマスから油脂分を減らし、パウダー状にして作ったものです。

       一方、「調整ココア」とは飲みやすい味にするために、砂糖や脱脂粉乳などを加えて作られたココアのことです。砂糖たっぷりの調整ココアは、便秘解消に効果的な成分が砂糖によって阻害されますし、当然、調整ココアの方がカロリーは高くなります。やはりお薦めは「純ココア」です。

       今回は「純ココア」の便秘解消効果についてお話ししたいと思います。

       ココアを継続して飲むと便秘解消に効果的と言われるのは、ココアに含まれる成分にあります。ココアには、「リグニン」という成分が沢山含まれています。

       「リグニン」は不溶性食物繊維です。食物繊維の重要性については「万病一元論」のお話の時もコメントして来ましたが、便秘解消には必須のものとなります。

       不溶性食物繊維とは、水に溶けにくい食物繊維で、水を含むと膨らみ、便を柔らかくし、かさを増します。これにより、腸の壁を刺激する事で排便を促し、便秘解消に繋がります。

       また、「リグニン」には腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える効果があります。その善玉菌が、腸内の蠕動(ぜんどう)運動を助ける働きをします。蠕動(ぜんどう)運動が活発になれば、排便がスムーズに行われるので、これも便秘解消に繋がります。

       ところで、ココアというと気になるのが「カフェイン」だと思いますが、ココアのカフェイン含有量は微量なので過剰摂取に注意すればカフェイン制限中の方でも大丈夫です。

       100mlあたりのカフェイン含有量は、コーヒーの60~100咾紡个靴謄灰灰△10嗅にと言われています。私自身もカフェイン制限中ですので助かりますね。

       私も今年から「純ココア」を一日1杯の頻度で飲んでいるのですが、体の調子は非常にいいですね。愛用しているのは「森永製菓の純ココア」です。スーパーでまとめ買いしています。
      ⇩おすすめ⇩

      森永製菓 純ココア 110g


       さて、実際の「純ココア」の飲み方なんですが、ちょっとした工夫が要りますね。なぜかと言うと「純ココア」の味にあります。「純ココア」は、ココア本来の豊かな香りがしますが、苦く感じる味です。

       正直そのままお湯で溶かすだけでは、美味しいとは思えません。まあ、ブラックコーヒーが好きな方は別ですが、美味しさにこだわる方はそのままではとても飲めません。

       「継続は力なり」と言いますが、美味しくないものはどんなに体に良くても継続出来ませんよね。

       砂糖は便秘解消の阻害要因になるし、砂糖以外で「純ココア」を美味しく飲めて、カロリーが高くないものはないかと探しました。

       「人口甘味料」はたまにはいいかも知れませんが、毎日継続するとなると心配になりますね。そこで行き着いたのが「はちみつ」を「純ココア」に加えることでした。

       「はちみつ」は良質なビタミン類やミネラル類をはじめ、アミノ酸や酵素といった栄養素も豊富に含まれている非常に栄養価の高い食品です。そして甘くて栄養がある割に、カロリーが低いというのも「はちみつ」の特徴です。

       その他では、身体が弱っていたり疲れが溜まっている時に、非常に効率良く栄養を吸収することができ、急速に効果的な疲労回復が期待できます。また、「はちみつ」には整腸作用があるとも言われていますので、「純ココア」に加える最適な食品となりますね。

       「はちみつ」は血糖値を上げにくい「アカシアはちみつ」をお薦めします。
      ⇩おすすめ⇩

      ブライトザマー アカシアハニー 瓶入り 500g


       私の「はちみつココア」の飲み方を紹介します。

       カップ1杯に対して、「純ココア」は小さじ山盛り2杯、「はちみつ」は大さじ1杯の分量でお湯を注ぎます。冬でも夏でも1年中ホットで飲みます。

       「純ココア」は体を温める効果の高い飲み物です。体の冷えは全身の血行不良を招き、腸の機能低下の原因となります。ホットココアで体を温めると、腸の働きを活性化して排便を促す運動がより盛んになるため、便秘解消効果が高まるのです。

       以上のように便秘改善効果の高い「純ココア」なんですが、気を付けなければならない事があります。それはココアには「尿路結石」の原因となる「シュウ酸」が多く含まれている事です。「シュウ酸」を多く含む食品には、ホウレンソウ、タケノコ、チョコレート、「ココア」、紅茶などがあります。

       「シュウ酸」を多く含む食品は、カルシウムと一緒にとるようにしましょう。

       「尿路結石」の約9割はカルシウムを含む結石なので、カルシウムの摂取は控えたほうがよいと思われがちですが、実際はその反対です。カルシウムをとると、腸の中でシュウ酸と結合し、便と一緒にシュウ酸を体外に出す働きをするので、結石予防に役立つのです。

       そこで「ココア」や紅茶はミルク入りで飲むように薦められていますが、私の場合は「はちみつココア」にこだわっているので、ミルクではなく、以前はカルシウムの多いお菓子(ビスコ)と一緒に飲んでいましたが、ビスコは糖分が多いので、最近、「チーズ」に変更しました。

       そのチーズは、みなさんもご存知の「QBB チーズでカルシウムベビー 」です。

       ベビーチーズ(チーズでカルシウム)4個(60g)入りで、栄養成分は1個標準15gでエネルギー:47kcal / たんぱく質:2.95g / 脂質:3.84g / 炭水化物:0.23g / ナトリウム:162mg / カルシウム:189mgとなっており、糖分が極めて少なく、カルシウムが多いので、カルシウム摂取には打って付けですね。
      ⇩おすすめ⇩


       「はちみつココア」を飲むタイミングなんですが、朝食前と夕食後が良いと言われています。朝一番に温かいココアを飲むことで、腸を刺激して排便を促します。

       私の場合は、朝はルイボスティーを愛飲していますので、「はちみつココア」一日1杯を夜の9時頃に飲んでいます。ココアには体脂肪を蓄積させにくい効果も期待できるので夕食後に飲むことでダイエット効果もあります。

       前述しましたように、「はちみつココア」を飲むようになってから体の調子は非常にいいですね。それと最近気付いたのですが、便秘改善効果だけではなく、毎年数回なっていた唇のヘルペスが出なくなりました。

       「はちみつココア」には副次的にアレルギー改善効果もあるのかも知れませんね。そう言えば最近、皮膚科に行っていませんね。

       いかがでしたでしょうか。今回は「腸内環境」を整えることに重点を置いて、「純ココア」の効能についてお話ししました。皆さんも是非お試し下さい。



      ⇩人気ブログランキング⇩
      にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ
      にほんブログ村

      JUGEMテーマ:腸内環境




      腸内フローラ改善に役立つルイボスティー

      0
         こんにちは、健康マニアのケンです。

         前回は「万病一元論」について、腸がキレイになれば血液がキレイになる、血液がキレイになれば細胞がキレイになる、細胞がキレイになればキレイな体と、そして病気のない体ができるというお話をしましたが、今回も腸内環境を良くするお話をしたいと思います。

         今回は毎日飲む健康茶についてのお話になります。



         ところで、皆さんは「腸内フローラ」という言葉をご存知でしょうか?

         人の腸内には、数百兆個もの細菌が存在しています。無数にひしめきあう腸内細菌が個々に生息する様相が花畑のようであったことから、「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。

         腸内フローラには、からだや腸によい働きをするビフィズス菌や乳酸菌などの「善玉菌」と、有害な働きをする「悪玉菌」、良い作用や悪い作用を併せ持つ「日和見菌」といった微生物がいて、常にせめぎ合いながら共生しています。

         この腸内フローラのバランスが、人の健康を大きく左右しているといわれています。

         私が常飲している健康茶「ルイボスティー」が腸内フローラ改善に効果があると言われています。

         ルイボスティーの原料となるルイボスは、南アフリカ共和国の「セダルバーグ山脈」一帯で栽培されており、ルイボスティーは南アフリカで古くから現地の人々に親しまれてきたお茶です。

         ルイボスティーは紅茶のような赤みがあり、味は渋みが少なく、後味がスッキリとしています。ルイボスティーはカフェインゼロなので、カフェインを控えたほうが良い妊娠中の方やお子さんでも飲むことが出来ます。

         そのルイボスティーの主な腸内フローラ改善効果は「便秘の解消」です。

         「万病一元論」の唯一の病気の原因は「腸の汚れ」であるという考え方から言えば、「便秘」は最悪の状態です。早急に改善させなければなりません。

         ではなぜルイボスティーが便秘の解消に効果的なのでしょうか?

         その理由としては、ルイボスティーに含まれるSOD(スーパーオキシドジムスターゼ)という抗酸化成分や、マグネシウムなどの「ミネラル」が、お腹に良いと言われています。

         SODは腸内の動きを活発にする効果があり、その結果、悪玉菌が排出され善玉菌が残り、腸内環境を健康な状態にします。

         また、様々な病気や不調の原因となるスーパーオキシドなどの「活性酸素」を減らす働きがあるのです。

         ルイボスティーの抗酸化作用が腸に作用し、活性酸素の働きを抑えることで腸の老化を遅らせることが出来れば、その分、腸内環境が整い腸が元気を取り戻すことが考えられます。

         そしてそのことが、腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発にし、便秘を解消しやすくするのです。

         一方、ルイボスティーにはミネラルの一種である「マグネシウム」が豊富に含まれています。マグネシウムは腸内で水分を集める作用があり、固い便を軟らかくする効果・効能があります。

         したがって、普段からルイボスティーを飲むようにすることは便秘を解消し、腸内フローラを改善するのにも役立つのです。

         今回は便秘の改善を中心にお話ししましたが、ルイボスティーにはその他にも体の老化防止、血流改善、リラックス作用等さまざまな効能があります。

         ルイボスティーには血流改善効果がありますから、せっかく血流が良くなっても冷たいまま飲んでは体が冷えてしまいます。

         ですから効果的な摂取法としては、温めてホットの状態で飲むことをお薦めします。

         最後に私が愛飲しているルイボスティーを紹介します。

         毎日飲むことからコスパが抜群のものでなければなりません。こちらの商品は楽天ランキング・Amazonランキングで堂々の1位を獲得。創業30年、お茶のプロの自信作です。世界中で愛される健康茶「ルイボスティー」をぜひお愉しみ下さい。
        ⇩おすすめ⇩





        ⇩人気ブログランキング⇩
        にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ
        にほんブログ村

        JUGEMテーマ:腸内環境




        腸の汚れが全ての病の原因(万病一元論)

        0
           こんにちは、健康マニアのケンです。

           今回は「腸の汚れが全ての病の原因(万病一元論)」について、「成功法則」や「幸せになるための法則」を説く、累計納税額日本一の経営者「斎藤一人」さんの動画を交えて、お話しします。



           斎藤一人さんは、「今、いろんな病気がいくつもあるんですけれど、病気っていうのは身体の間違いなんです。病名もどんどん増えちゃってて、無限に病気が広がっていってるんだけど、それは間違いが広がっているってことで、答えは常に1個なんだ。」と言っています。

           病気の原因はたった一つで、その元を正せば、すべて解消すると言われます。それが「万病一元論」です。

           で、病気の原因は何か?

           漢方でいう「万病一元論」は、唯一の病気の原因は「腸の汚れ」であると考えます。

           漢方の方では、万病は一元でどんなにいい食べ物を食べても、腸が汚れていては、汚れたものと一緒に吸収してしまう。だから、腸の中をキレイにしなきゃいけない。

           腸がキレイになれば血液がキレイになる、血液がキレイになれば細胞がキレイになる、細胞がキレイになればキレイな体と、そして病気のない体ができるというのが、漢方の昔からの考え方です。

           腸っていうのはどのぐらい大切かっていうと、体の免疫の7割方は腸にあると言われています。そのぐらい腸を守らなきゃいけないし、その腸の調子がよければ体の免疫も上がるんです。そうすると同時に今度はいろんな病原菌が来たとしても、それを免疫が強ければやっつけられるんです。

           食べた物を消化吸収する腸には、「全身の免疫を司る」という秘められた重要な役割があることを実証したのが、2018年1月14日放送のNHKスペシャル「人体」第4集・「万病撃退!腸が免疫の鍵だった」です。

           実は今、「腸」が世界の研究者から大注目されています。

           腸は、食べ物だけでなく、それと一緒に病原菌やウイルスなどが常に入り込んでくる危険性のある場所です。体内で最も密接に「外界」と接する臓器と言えます。

           だからこそ腸には、病原菌やウイルスなどの外敵を撃退してくれる頼もしい戦士「免疫細胞」が大集結しています。その数、なんと体中の免疫細胞のおよそ7割!それほど大量の免疫細胞が、栄養や水分を吸収する腸の壁のすぐ内側に密集して、外敵の侵入に備えているのです。

           こうした腸での免疫細胞たちは、腸で守りを固めるだけでなく、血液に乗って全身にも運ばれ、体の各所で病原菌やウイルスなど敵を見つけると攻撃する「戦士」となります。

           ところが近年、体を守るよう腸でしっかり訓練されているはずの免疫細胞が「暴走」し、本来攻撃する必要のないものまで攻撃してしまうという異常が、現代人の間に急増しています。

           それが、さまざまな「アレルギー」や、免疫細胞が自分の細胞を攻撃してしまう「自己免疫疾患」と呼ばれる病気です。

           最新研究によって、こうした免疫の暴走が招く病気の患者さんに「腸内細菌の異常」が生じていることが明らかになってきました。

           これまで免疫細胞と言えば、外敵を攻撃するのが役目と思われていましたが、最近、新たに発見された免疫細胞があります。それは、むしろ仲間の免疫細胞の過剰な攻撃を抑える役割を持つことが突き止められました。

           その免疫細胞は、「Tレグ(制御性T細胞)」と名付けられています。免疫細胞の中には、「攻撃役」だけでなく、いわば「ブレーキ役」も存在していたのです。

           このTレグの働きで、全身の各所で過剰に活性化し暴走している免疫細胞がなだめられ、アレルギーや自己免疫疾患が抑えられていることがわかってきました。

           今世界中で急増している、アレルギーや自己免疫疾患。Tレグを体内でほどよく増やすことができれば、これらの病気を抑えることが出来ると期待されています。

           どうすればTレグを増やせるのか。そのヒントが、理化学研究所の研究結果によって示されました。なんと、「食物繊維」がカギになると言うのです。

           理化学研究所のマウスの実験で、食物繊維たっぷりのエサを与えたマウスの腸内では、食物繊維が少ないエサを与えたマウスに比べて、Tレグがおよそ2倍も多く生み出されることがわかりました。

           食物繊維はお通じをよくする効果などがよく知られています。日本の食卓によくのぼる海藻や根菜などは、いずれも食物繊維がたっぷり。そのため日本人の腸内には、長い時の流れの中で、食物繊維を好んでエサにする腸内細菌が多く住み着くようになったと考えられています。

           ところが、特に戦後日本人の食生活は大きく欧米的な食生活へと変化し、食物繊維の摂取量も減ってきています。

           病気予防には、適度の食物繊維を摂取し、腸をキレイにし、血液をキレイにする。血液がキレイになれば細胞がキレイになる。細胞がキレイになればキレイな体と、そして病気のない体ができる。

           さて、具体的に腸をキレイにするにはどうすればいいのか。

           「万病一元論」を説く斎藤一人さんも推奨しているのが「青汁」です。食物繊維たっぷりで、野菜の栄養が補える美味しい「青汁」がお奨めです。

           私がお奨めするのは、デザート感覚で健康をサポートしてくれる「食べる青汁」です。これまでの青汁の概念を変えるスティックゼリータイプで、いつでもどこでも好きな時に栄養をチャージできるのが特徴。

           「食物繊維」が豊富な北海道産のクマイザサを中心として、乳酸菌や発酵食品など、「腸内環境を整える成分」がたっぷり配合されています。おいしさにもこだわり、黒糖や抹茶、ココナッツの花蜜など、甘みのある原材料も使用。是非、お試し下さい。
          ⇩おすすめ⇩






           最後に、「斎藤一人」さんの「腸の汚れが全ての病の原因(万病一元論)」についての動画を掲載しておきます。ゆっくりご覧下さい。




          チャンネル登録

          ⇩人気ブログランキング⇩
          にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ
          にほんブログ村

          JUGEMテーマ:腸内環境




          耳鳴りを自力で克服する方法(スクロール動画版)

          0
             こんにちは、健康マニアのケンです。

             今回は「耳鳴りを自力で克服する方法」について、以前に投稿した記事を「スクロール動画版」としてYouTubeにアップしましたので、お知らせします。

            s_499197.jpg

             今現在、あの不快で苦しい「耳鳴り」に悩んでおられる皆さん。決してあきらめないで下さい。「耳鳴り」は治るんです。病院なんかに行かなくても治るんです。私のこの体験が「耳鳴り」で苦しんでおられる皆様の一助になれば幸いです。

             それでは「耳鳴りを自力で克服する方法(スクロール動画版)」をご覧下さい。




            チャンネル登録



            ⇩人気ブログランキング⇩
            にほんブログ村 健康ブログ めまい・耳鳴りへ
            にほんブログ村





            ★☆★☆★☆★☆★☆★

            メール

            ♪おすすめ♪

            にほんブログ村 健康ブログ 健康食品へ
            にほんブログ村

            ▼記事一覧▼

            ▼カテゴリー▼

            ▼ブログ内検索▼

            ▼リンク集▼

            ▼calendar▼

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << November 2018 >>

            ▼Profile▼

            書いた記事数:14 最後に更新した日:2018/10/11

            ▼archives▼

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM